2010年04月26日

建築確認手続き等の運用改善に係る講習会

KONさんところ
「建築確認手続き等の運用改善に係る講習会」がある事を知り、早速受講。

内容は
確認審査の迅速化
1.確認申請図の補正対象の見直し
2.確認と適判の並行審査
3.「軽微な変更」の対象の見直し

申請図書の簡素化
1.構造概要書の廃止
2.設備関連の確認申請図書の簡素化
3.建築材料、防火設備等に係る大臣認定書の省略

その他
既存不適格建築物の増改築に係る緩和措置

これまで「軽微な不備」が補正(図面修正)の対象だったのが、「不備」に拡大。
補正できる不備は建築主事等の指摘による修正箇所となるらしい。
・・・でこの指摘は書面で交付され、2週間程度内で修正と回答をしなければならない・・・と。

「軽微な変更」は、枠が広がったわけだが、施行が6月1日からなので、同じ変更でもそれ以前ならば計画変更、それ以降なら軽微な変更になるってのも生じますね。

面白かったのが面積(敷地や床面積)をCADを利用する場合は三斜じゃなくても良いというところ。
寸法や算定式、CAD名を明示という。寸法や算定式を明示するなら、CAD名が必要か?という気がするが・・・

申し込みはココからできます。
https://www.koshukai.jp/unyoukaizen/

テキストは受講時に配布されますが
↓でダウンロードして入手することも可能。
http://www.icas.or.jp/download/

2010年04月25日

PDFCreator 1.0

PDFCreatorのサイトの中の会議室(forum)でバージョン1.0がダウンロードできる。
「PDFCreator 1.0 preview」ということなのでベータ版のようなものかと思う。
「0.9.9」まできて「あと少しで1・・・」の期待が大きかったのでこれは素直にうれしい

http://www.pdfforge.org/forum/open-discussion/5279-pdfcreator-10-preview

早速ダウンロードして使ってみる。日本語ファイル(Japanese.ini)は、まだないので
0.9.9のヤツで試す。

・・・が例の中途半端な文字化けは解消していない・・・(ToT)
100425_01.jpg

これが言語の選択だけで解決できると、もっと廻りの人にもすすめられるんだが・・・
とは言え、英語でもなんとかついて行けるし、おすすめであることには違いない。


投稿者 koma : 00:21 | トラックバック

2010年04月21日

iPhone次期モデル

iPhoneの次期モデルが露見したらしい。
何でも関係者が飲み屋に置き忘れてしまったという作為プンプンの話ではある。
・・・がホントっぽい。私はすでにその気になっている。

中身はわからないが、3Gと比べ曲線が四隅の丸面取りだけで端正な形になっている。
100421_1.jpg

G4のヌメヌメ感がなくなり
100421_2.jpg

G5それから今のMacProの硬質なエッジの効いた形への変化と同じかとWindows使いのJw_cadユーザーは思う。
100421_3.jpg

私は今のiPhone3Gモデルの方が好きだな。

話は変わり、年寄りの話で恐縮だが日産のスカイラインのカッコは後からついてきた。

登場した時はピンと来なくて、そのうちカッコ良く見えて来た。
デザインが秀逸なのか、スカイラインの神話がそうさせたのかわからない。

えぐいカッコしたケンメリが、透明感のある歌をバックにしてCMで流れ、そのうち「カッコエエ!!」とさわいだ事を思い出しました。なつかしい。

えぐいと言えば、トヨタ クラウン 4代目も相当だったと思う。
100421_4.jpg
好きだったなあコレ・・・

iPhoneG4が出て評判になる頃には私も「カッケー!!」とか言ってるだろうなあ。きっと。