2009年07月27日

道路と道

自宅周辺には木造住宅の隙間を縫うように狭い道路や道がたくさんある。

ここは人んちの庭かあ?というような道だったり、唐突に行き止まりになって
ホントに人んちの庭になっていたりする。
先日通った道(いや道路、いや道路+道だな、きっと)も面白かった。

090727_01.jpg
立派なL型溝の入ったは道路は、とりつき部分の幅が3m前後で、先に行くにしたがい狭くなっていく。
奥は木と倒れたトタン塀で行き止まりのような気が・・・

いやいや木とトタン塀の間に隙間がある。舗装が平板ブロック敷きに変わる。
090727_02.jpg

のぞき込んでみると平板ブロックがつづいて、道は折れ曲がっている。
090727_03.jpg

角を曲がると人んちの庭か?、行き止まりか?・・・とおそるおそる進んでみると、
平板ブロックが続き、しっかりとした道路につながっていた。
周辺を歩いてみたが、この道はここらの区画を突き抜けるには一番楽なようである。

幅は無いけど利用度が高い道は、両側の敷地に取り込まれることなくしっかりと残っている。


2009年07月22日

1984

「1Q84」が売れに売れて、そうなるとやっぱり「1984」も読みたくなって、
で、Amazonみたら古本が結構な高値で出てて、こうなったら、ガンバレ!
ハヤカワ!とひそかに思っていたら・・・

出してくれました。「一九八四年 [新訳板]」!!

そうでしょ、そうでしょ。今をおいて機会はないでしょ。
さっそく買わせていただきました。

・・・と出版社の目論見通りに行動してしまう。

投稿者 koma : 16:51 | トラックバック

2009年07月13日

建築士定期講習

建築士定期講習を受けた。
日建学院の動画による講習だ。

目の前で講師がしゃべるヤツぢゃないということで、ちょっとナメてたら、
これが結構良かった。

進行の女性アナ(というのか)と講師の二人構成、それが4セット、計8人前後が
登場する豪華版だ!?

ポイントついて話してくれるし、そのものズバリのポイントも話してくれるし
ちょっと居眠りしても画面にテキストのページが出るのでついていけるし
講師に気を使わずに居眠りできるし・・・

どうせ録画の使いまわしだしネェ・・・とも思ってたら、
質疑回答で「えーこれは新宿校からの質問ですが・・・」とリアルタイムな回答が
あったりして、え~っ「質問ライブ」ってそういう意味だったの~!
とそんなところで感動した。さすがツボを押さえてるね日建学院

まあ、いくらあげても肝心の試験(考査)に合格してなきゃ、ウラミ100倍だけど
(とヒトのせいにしてしまうのも、問題であるが)

会場は建築士の受験勉強とかをする教室だから、檄文がそこかしこに張られていて
妙に緊張しましたね。
これから受験のかた鉛筆と消しゴムをお忘れ無く。それから老眼のメガネもってい
かないと、マークシートうまく塗りつぶせませんから。

2009年07月07日

歴博にいく

佐倉の歴博「国立歴史民族博物館」に行く
建物は芦原義信の設計で佐倉城址公園内に建つ。
090705_25.jpg
石積みを意識したような外観。当時の公共建築ではお約束の大判タイル。
教科書のような動線。安心して見てまわる。

精巧な模型が面白い
これは1600年直前の京都四条室町の街
090705_21.jpg

瓦以前の屋根。
090705_24.jpg


こんなオヤジはどの時代にもいる。
090705_22.jpg

1700年の江戸、広小路と呼ばれる防火緩衝帯となる広場に立つ火の見櫓
090705_23.jpg

企画展では
日本建築は特異なのか -東アジアの宮殿・寺院・住宅-が始まっている。
090705_26.jpg
日本建築を中国建築、韓国建築と比較して東アジア建築を語ろうというものである
模型もたくさんあったが、私の知識不足からか堪能はできませんでしたね。
会場が少し小さかった気がします。

もっとも、本人の興味が、こんなだったり。
090705_17.jpg
これは河童

こんなだったりだから、無理もないか。
090705_16.jpg
これはシーサー(ゴジラみたい)。

投稿者 koma : 18:07 | トラックバック