2008年12月22日

駅舎の工事

御存知、佐藤修悦氏のガムテープ文字を毎日見ることのできるJR日暮里駅。
81201.JPG

道路以上に駅の工事は面白い。
長い工事期間中、利用者の導線をダイナミックに切り替えながら、施設を
徐々に造りあげていく。
この段取りを考える人達の頭の中をのぞいてみたいもんだ。

投稿者 koma : 00:00

2008年12月19日

窓からのながめ

新宿のとある超高層ビルからの景色。
81204.JPG
街区を俯瞰して「地図とおんなじだあ」なんて、はしゃぐのはもう古いのか。
近所にも高層ビルが建って、窓から壁面が見えるようになった。
都庁周辺の超高層から見える御影の壁も圧倒的だったが、
このスケール感に、ヘリポートなんかのパーツが装備され、巨大なロボットに見えたりする。

あらためてながめると、やっぱり不思議な景色だと思う。

投稿者 koma : 14:26

2008年12月18日

六本木

仲間達とギャラリー間の安藤忠雄建築展にいく。

住吉の長屋の実物模型はスケール感がわかって面白かった。折しも雨。
ギャラ間の中庭に重なる住吉の長屋の中庭は「傘をさして便所」を演出。

歩きながら見たので、腰掛けたり、座り込んだりした時の感じは、また違うだろうが
コレだったら住んでもいいかな。と思った。他の方も同じ感想であった。
ただ中庭に屋根掛けて増築するという強者もいた。
(やめなさいって、絶対パンチくらって負けるから・・・)

最近はmoss(MSR)のParaWingのような曲線がでてきたようである。
81200.jpg

ところで我々には安藤忠雄建築展は口実であって目的ではなかった(ですよね)。


ギャラ間を出た後、近くの飲み屋で忘年会パート2
81203.JPG
あまりに早く入ったもんだから、あまりに早く追い出されてしまった。
で、クリスマス気分の東京ミッドタウンをさまよう。
81202.JPG

21_21 DESIGN SIGHTの屋根を納まりを議論し、工事中の坂倉事務所の看板を確認し、磯崎新と篠山紀信のオフィスの表札を撮影して怪しまれ、結局新宿に戻り、忘年会パート2.11aに突入。

いやあ飲んだ飲んだ(下戸だけど・・・)

投稿者 koma : 16:19