2007年03月01日

カメラ

手持ちの古いデジカメはフィルムカメラ寄りの作りと機能で楽しめる。

が。古い故、動作が遅い。
単三電池4本のバッテリーはすぐになくなる。
スイッチとシャッターが似たようなボタンで、かつ紛らわしい位置にある。

「ハイチーズ!」
(ちょっと間があって) ジーという音と共に淋しくレンズが収納されたりする。
「チーズ」の状態を維持しつつスタンバイ可能を待つ時間は相当長く、苦しい。

このカメラには直径9センチのワイドコンバーターレンズを装着している。
これをつけることで広角28㎜相当になり、建物内外で写真とるのが楽になる。
rappa.JPG

ただし・・・
ファインダーをのぞくとレンズが邪魔して見えない。
フラッシュ焚くとレンズのために円状に影ができる。
rappa02.JPG

それから
このカメラを構えるとレンズのデカさにみんな引く・・・
なにより
持ち歩くのに邪魔・・・

でも、未だ手許にあるんだな。コレが。

投稿者 koma : 17:31